乾癬は病気じゃないんだ

ここでは、「乾癬は病気じゃないんだ」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓情報商材の最新情報はこちらをクリック
人気ブログランキング
FC2ブログランキング




乾癬は病気じゃないんだ

商品名 乾癬は病気じゃないんだ
商品区分 EC:物販
インフォプレナー名 株式会社夢丸




■:「乾燥肌で痒くて痒くてしかたない」

「最近アトピー性皮膚炎がひどくなってきた」

「皮膚が赤くただれ、血が滲んだり、フケのように剥がれる」


あなたや、あなたの周りの人に、
この様な皮膚の状態でお悩みの方はいらっしゃいませんか?


もしかしたらその症状は、
『乾癬』かもしれませんよ。


『乾癬』って何!?って思った方は、
画像がありますので確認して下さいね。



画像で見ると、乾癬もアトピーもとても症状が似ていますよね。


他にも共通点があります。

■皮膚科を受診しても根本的に治すことができない

■原因がはっきりしていない


皮膚が赤みを帯びてカサカサになり、痒くなる。

その状態で皮膚科を受診すると、皮膚の状態を見ただけで、
アトピー性皮膚炎と診断されることがほとんどです。

皮膚を採取して調べる訳でもなく、血液検査等もしません。

それは、アトピー性皮膚炎の本当の原因が解明されていないからです。

そもそもアトピーとは、ギリシャ語で
『奇妙なこと』を意味する『atopos』から由来しています。

原因が分からない奇妙な皮膚の状態ということでしょうか。

そして、原因が分からないから、治療法も分からないのです。

ですから、出来る事と言えば保湿と炎症を抑える目的の
ステロイド剤を塗るだけです。

当然アトピーが治るはずありません。


乾癬はもっと厄介です。

先程ご覧頂いたような乾癬状態の皮膚になり、→【あなたのアフィリリンク】
皮膚科を受診しても乾癬と診断されるケースは少ないです。

「よく分からないけれど、まぁ薬を出しておきましょう。」

その程度の診断しかされないケースがほとんどです。

そして、処方される薬はやはりステロイド剤です。

当然、乾癬が治るわけではありません。


そのため、患者は何件もの病院を渡り歩き、様々な検査をしても、
病名すら分からない不安な状態で日々を過ごす方がほとんどです。

やっと乾癬だと見極める医師に巡り合えたとしても、
やはりステロイド剤を処方されるだけです。


アトピーも乾癬も、これだけ患者数が増えた現在も、
現代医学をもってしても原因すら解明出来ていないのです。


ですが、その症状は大変に辛いものです。


四六時中痒みを伴い、酷い場合は出血したり、
皮膚の剥離が酷くなります。


その辛い症状を自ら経験し、乾癬改善の研究を重ね、
フランス政府が認可するアソシエーションとして、
乾癬改善法を確立した療法士の先生がいらっしゃいます。


札幌に施術院を構え、世界中から訪れる乾癬患者を救う傍ら、
フランス、東京、名古屋、九州、北海道を中心に、
弟子の育成に励んでいる、三戒堂水宝先生です。

三戒堂先生は、多くの乾癬患者を診ているうちに、
患者の共通点を発見し、乾癬を皮膚病として捉えるのではなく、
内臓に原因があるのではないかと着目し、更なる研究を重ね、
乾癬の原因を究明し、乾癬を解消することに成功しました。

そしてその方法は、乾癬だけではなく、
アトピーや乾燥肌も改善できるため、
多くの方達に支持されてきました。


その実力はビフォーアフター画像が証明しています。


辛いアトピーや乾癬で苦しんでいる方達に、
光を与えたい一心で研究に取り組んだ結果です。

実際にこの方法で乾癬を克服された方の
手記も掲載してありますので、
ご参考になさって下さい。





■:「痒くて痒くて夜も眠れない…」

「血がにじみ皮膚が大きなフケのように剥がれ落ちる…」


あなたはこの様な皮膚の状態でお悩みではありませんか?


「周りの人から不潔だと思われているかもしれない
触ると感染すると勘違いされ怖がられているのではないか?」


「どこの病院に行っても、どんな治療を受けても治らない
もう、一生この苦しみから抜け出せないのかもしれない…」


そんな風に心が追い詰められてはいませんか?


・夜、布団に入って体が温まると猛烈な痒みが襲ってくる

・朝になるとシーツには血の滲みと剥がれ落ちた皮膚でいっぱいだ

・足の裏の皮膚がガチガチになってしまい、パックリと深く割れてしまう

・病院に行ってもハッキリと原因は教えてもらえないし、薬を塗っても治らない

・触れると感染する病気なのではないかと誤解されるし、周りの人の視線が恐い


その様に乾癬で苦しんでいるのはあなただけではありません。


世界中に120,000,000人もいるのです!


それも皮膚科にかかっている方だけの人数です。


ほぼ日本の人口と同じだけの方達が乾癬と闘っているのです!


でもご安心ください。

乾癬は病気ではありません!


皮膚の鬱血は内臓からのSOS信号で、剥がれ落ちる皮膚は汗と同じく老廃物なのです。


だから“手当て”をするだけで乾癬は消し去ることができるのです!!


事実、40年に亘り、1,000人を超える乾癬患者を救ってきた整体の先生がいます。


「整体なんかで乾癬を治せるわけがない」


そう思う方もいらっしゃるかも知れませんが、


その改善率は非常に高く、9割以上の方達の乾癬を消し去ることに成功してきました。


その先生のお名前は、三戒堂 水宝先生と言います。


現在は札幌で、テアテマンドールという整体院で乾癬の“手当て”を行っています。


今では評判が口コミで広がり、日本全国から乾癬でお悩みの方達が施術院を訪れます。


皆さん藁にもすがる思いで、最後の砦としてやってくるのです。


そして、1回・3回・5回と先生の“手当て”を受ける度に、


ガチガチの皮膚が剥がれ落ち、鎧を脱ぐかのように美しい本来の皮膚を取り戻していくの
です。


それと同時に、その方が“本来歩むべき人生”も取り戻すことができるのです。


乾癬の苦しみから解放され、明るくはつらつとした毎日を送ることができるのです。


“手当て”と言っても、先生の手が特別で、


なにかオーラの様なものをかざしているわけではありません。


その証拠に、先生の乾癬手当ての技を習得したお弟子さんが世界中で活躍しています。


ではなぜ、病院でも治せない乾癬を消し去ることが可能なのか!?


それは、先生ご自身が乾癬に苦しみ、乾癬を克服した経験があるからです!


乾癬に対する情熱が他の医者とは全く違うのです!!


乾癬の患者さんを目で診て、触れて診て、


膨大なデータと多くの経験から、乾癬の原因を突き止めたからです。


そして今は、乾癬に苦しむ方達を1人でも多く救うため、ご自分の技を伝授し、弟子の育成
に力を注いでいるのです。


その三戒堂水宝先生の手当ての技が、この度DVDとして一般の人にも紹介されるように
なりました!


ぜひ、この機会にあなたも最後の乾癬改善に取り組まれてはいかがでしょうか?


【乾癬改善の手当てを試してみる】





■:こんにちは。
株式会社夢丸です。

本日より、乾癬の改善方法をお届けさせて頂きます。


今回、乾癬の改善方法を教えて下さるのは、
てあて師の三戒堂 水宝先生です。


三戒堂先生は、フランス、東京、名古屋、九州、北海道を中心に、
“テアテマンドール”という技術を伝えながら、
札幌に施術院を構え、弟子の育成にも力を注いでいます。



乾癬という文言すら聞いたことが無いという人も多い日本の現状では、
三戒堂先生のことをご存じない方もいらっしゃるかも知れませんね。




ですが、“テアテマンドール”は
フランス政府認可のアソシエーションです。

三戒堂先生は現在、乾癬で苦しむ方達を1人でも多く救うため、
“テアテマンドール”の普及に全力をかけて取り組んでいます。


三戒堂先生が乾癬の治療法を公開しようと思われた理由はとても簡単です。


乾癬で苦しんでいる方達が世界中に1億2500万人もいるからです。


そして、その方達の乾癬の原因を取り除き、乾癬を消し去り、
その方本来の“皮膚”と“人生”を取り戻して頂くためです。


「でも乾癬の原因は現代医学でも解明されていませんよね?」

と、おっしゃる声が聞こえてきそうですが、その通りです。


日本全国はもとより、世界中から私の元を訪れる方達は、
原因も治療法も確立していない乾癬に苦しんでいるのです。


「病院に行っても原因どころか病名すら解らない…」
「次々と薬を変えても気休めにしか過ぎない…」


また、
「民間療法や漢方薬も試してみたが、
乾癬はより酷い状態になり、好転反応だと言われたが、乾癬は解消できなかった」

といったお話しもよくお聞きします。


一般的に、乾癬が発症したら一生付き合っていくしかない…と。


しかし三戒堂先生は、事実、
40年以上に亘り、1000人以上の方達の乾癬を消し去ってきました。


三戒堂先生が乾癬の克服に取り組むようになったのは、
フランス時代に出会った50代の女性がきっかけです。

それまで三戒堂先生は、乾癬という病気についてほとんど知識が無く、
そんなに酷い症状が出るものではないと思っていたのです。


ですが、三戒堂先生がお会いしたその女性は、
頭のてっぺんから足の先まで、顔は勿論、耳の穴の中に至るまで
全身が真っ赤になっていたのです。

少し体を動かしただけでも皮がピリピリと切れて出血し、
見ているうちにどんどん皮が剥がれて落ちていくのです。


三戒堂先生は途端に背筋が寒くなり、
全身に鳥肌が立つほど驚きました。


そして、その女性に7回連続“テアテ”を施してみたのです。

そうすると、全身真っ赤だった皮膚に、
白い正常な皮膚が斑点の様に現れ出したのです。


「これは!?」と思ったのですが、
その女性とはご縁がなかったのか、それ以上は施術を続けられないまま、
三戒堂先生は日本に帰国しました。


そして日本に帰国した直後、
全身に赤い斑点が出て血が滲み、特に額は、まるで鉋(かんな)で削ったかの様に、
血だらけになった女性と出会いました。


三戒堂先生は初対面でしたが、思わず
「それ、もしかして乾癬じゃないの?」と聞いてしまいました。

その女性は、いきなりそんなことを言う私にビックリしていましたが、
「実は皮膚科に行ってもよくわからないんです」と悩みを打ち明けて下さいました。

「じゃあ、とにかく手当てしてみよう」ということで、
フランスで行ったのと同じ施術を施してみたのです。


そうして1ヶ月が経った頃、
乾癬の症状はずいぶんと良くなり、乾癬状態だった皮膚も、
その半分ほどが正常な皮膚の状態に戻っていったのです。

そう、乾癬が消えたのです!


三戒堂先生はそれと同時に、「乾癬の原因はなんだろう?」と
疑問を持つようになりました。


そして、乾癬を克服するための研究に
情熱を傾けるようになったのです。


そのうち乾癬解消の評判が口コミで広がり、
乾癬でお悩みの方達が三戒堂先生の元を訪ねてくるようになりました。


多くの方達を目で見て、触れてみて、膨大なデータを取り、経験を重ねるうちに、
乾癬で苦しんでいる方には、ある共通点があることに気が付いたのです。


その共通点とは手に現れます!特に左の掌です。


意外な共通点に疑問を持った私は、次に内臓に着目していきました。

そして、内臓に目を向けたことにより、
本当の共通点、すなわち原因を突き止めることができたのです!


その共通点は背中にありました。

重症な方ほど、背中にハッキリと、
あるサインが出ているのです。



サインが出ているといっても、
背中に乾癬の症状が出ていることではありません。

ある内臓が悲鳴を上げているサインが出ているのです。


それは、血液検査等では見付けられない内臓からのSOSです。


そこで、その内臓に掛かる負担を取り除くための施術を施してみたのです。



その1週間後、施術院にいらしたお客様を見て三戒堂先生は驚きました。

たった1回の施術だったにもかかわらず、
その人の乾癬は見違えるほど症状が落ち着いていたのです。


そして、2回、3回と施術を繰り返すうちに、
乾癬はどんどん消えていき、施術回数が
10回を超える頃には、乾癬症状の皮膚はほとんど消えて、

その方本来の滑らかな皮膚を取り戻すことができたのです。


もちろんステロイド外用薬などは一切使っておりません。


つまり、現代医学をもってしても治療法すら確立していない乾癬を、
薬や光線療法に頼ることなく、克服することが出来たのです!


通常、皮膚科などで乾癬を治療するためには、
ステロイド外用薬を用いた治療法が一般的です。


では、明日はステロイド薬のお話からさせて頂きますね。


また、お会いしましょう。


株式会社夢丸





■:こんにちは。

それでは、乾癬の改善方法につきまして、
昨日の続きからお話させて頂きますね。


三戒堂先生の治療法は、ステロイド外用薬などは一切使っておりません。

つまり、現代医学をもってしても治療法すら確立していない乾癬を、
薬や光線療法に頼ることなく、克服することが出来たのです!


通常、皮膚科などで乾癬を治療するためには、
ステロイド外用薬を用いた治療法が一般的です。

ですが、このメールを読まれている方ならご存知だとは思いますが、
ステロイド外用薬では乾癬を治すことはできません。


ですから、“テアテマンドール”では、
薬などの塗布や服用はお勧めしません。


それどころか、特別な道具も必要なく、
人の指だけで乾癬を消すことができるのです。

しかもその効果は、初めにご覧頂いた画像の様に、
乾癬を消し去ることが可能なのです。


ではなぜ、病院では乾癬を治すことができないのでしょうか?


私は、そもそも“乾癬”という呼称に問題があると思っています。
というのも、乾癬を西洋ではPSORIASISと表記します。


これは“疥癬”という原虫(ひぜんダニ)による
皮膚病に似た皮膚状態であるが、
乾癬は疥癬の様に爛れて濡れた感じがしないというところから、
疥癬をPSORAと呼ぶので、言うなれば
“疥癬もどき”という言い方でPSORISISと言っているのでしょう。

“乾いた疥癬もどき”で乾癬というわけです。

しかし、この呼び方がいけないのです。


なぜなら、疥癬は疥癬原虫に起因する疾患であり、
疥癬原虫を駆除すれば問題は解決しますが、
乾癬は、原虫や、薬品障害、植物障害(漆かぶれのような)などの、
外からの影響は全くないと言える皮膚の状態だからです。


なので、皮膚病として乾癬を捉え、
体の外に問題があると考えて、ステロイド剤を用いたり、
光線療法を行っても効果が現れないのです。

これまでの長い歴史の中で、体の外からの問題を発見できず、
そのため解決も出来ていないので、
病院では未だに乾癬を治すことが出来ないのです。


従って、まず“疥癬の様な皮膚病である”という観念から遠ざかり、
原因が体の外にあると考えるのではなく、
体の内側に目を向けて、原因を追及する必要があるのです。


それに、皮膚科で処方されるステロイド剤とは、
強力に炎症を抑える作用と、免疫の働きを弱めて
アレルギー反応を抑える作用が期待できる薬品なので、
あくまでも“症状を抑える”目的のものですから、
塗布して一度は症状が治まったとしても、
根本的に治っているわけではありません。



それどころか一度使用を始めると、
徐々に強い作用のある薬しか効果を発揮できなくなるため、
ステロイド依存になりますし、

ステロイドは体内の一定量が決まっていますから、
体の外からステロイドを与えると、体内でステロイドが作られなくなり、
体外からステロイドを与えるのを止めると、
極度にステロイドが減少して症状がぶり返すことが認められています。


「頭皮がボロボロと剥がれ落ちて、
フケだと思われているかもしれない」

「触れると伝染する病気なのではないかと誤解されるし、
周りの人の視線が恐い」

「どこの病院に行っても、どんな治療を受けても治らない、
もう一生この苦しみから抜け出せないのかもしれない」


あなたも、この様な気持ちになったことはありませんか?

乾癬は、尋常性乾癬、膿疱性乾癬、
魚鱗症などいくつかの種類に分類されていますが、
共通して言えることは、次の3つです。



◆死なない

◆遺伝しない

◆伝染しない



これが乾癬の特徴とも言えるのですが、
三戒堂先生はこの特徴こそ、乾癬の治療研究が進まない原因だと考えいます。

悪化すると死に至る危険性があり、遺伝する病気や、
伝染力の強い病気は緊急性があると判断され、
研究費も潤沢に割り当てられますし、
多くの医者や学者がこぞって研究を進めます。


ですが、その条件に当てはまらない場合や、
患者の人数がそれ程多くない場合は、
実際問題あまり研究が進まないのが現実です。


ですが、乾癬患者は毎日、死と同等の
苦しみと闘っているのです。

乾癬では死なないけれど、心が死んでしまいます。

乾癬を苦にして死を考える患者は決して少なくないのです。

乾癬によって、その人が本来歩むべき人生とは全く違う、
辛く、苦しく、孤独な生活を送っている人が非常に多いのです。


三戒堂先生の施術院に通っていた27歳の男性は、
魚鱗症と診断された乾癬で、生後3ヶ月からテアテマンドールに出会うまでの27年間、
人生をそれに乗っ取られていたと言っても過言ではありません。


初めて施術院を訪ねて来られた時も、まるで強盗の様に目だし帽で顔を隠し、
両手、両足の手首と足首には、服の上から輪ゴムを結んでいました。


なぜかというと、動く度に全身の皮膚が粉の様になり飛び散るからです。

服を脱ぐと、頭のてっぺんから足の先まで真っ赤になっていて、
皮膚が鱗のように逆立ち、剥がれている状態でした。

どれほどの状態か解りやすいエピソードで説明すると、
シャワーの時に剥がれ落ちる皮膚で、お風呂場のドレーンが詰まると言うのです。

そんな状態が生後3ヶ月から27年間続いているのです。


彼は、自分の皮膚の状態を気にするあまり恋愛も経験せず、
青春と呼ばれる期間をひたすら勉強に打ち込み、
大学では博士号まで取得しましたが、就職すら出来ずにいました。

そうして人生に行き詰まり、悩みに悩んで色々調べている時に、
テアテマンドールを知り、私にメールをしてきたのです。

そこで三戒堂先生は何としても彼を救いたいと思い、
1週間に1度、施術を行いました。

そうしたところ、3ヶ月目にようやく皮膚の剥離が止まったのです。



また、ある50代の女性は、
乾癬になってから引き籠りになり、それまでの人生で恋愛も結婚もせず、
暗く寂しい生活を送っていたそうです。

施術院に通い出した当初は、化粧もしておらず、
真夏でも黒の長袖のタートルネックに、黒い長ズボンをはいていました。

話していても暗い印象で元気が無く、
三戒堂先生の質問にも消え入りそうな声でポツリポツリと答える程度で、
普通に世間話をしたり、談笑したりするようなことはありませんでした。


ですが、施術を繰り返し、乾癬が消えていくと、
彼女の様子が変わっていきました。

服装も少しずつ明るい色合いへと変化し、
夏になると半袖の洋服も着られるようになりました。

段々と声にも張りが出てきて、
時には笑顔を見せてくれるようになりました。


そしてある夏の日、施術院にいらした彼女を見た時、
三戒堂先生は一瞬誰だか分かりませんでした。

というのも、その日の彼女は薄化粧をして、
ピンク色の半袖のTシャツに、スカートをはいていたのです。


そして、施術が終わった後には、
彼女の方からご自分の思いを聞かせてくれました。

「これからはもっと明るく前向きに毎日を過ごしたい、
恋愛や結婚だって諦めたくない」
と目を輝かせて言うのです。

乾癬の研究と、テアテマンドールの伝承に心を向けている三戒堂先生にとって、
この上なく嬉しい瞬間でした。

それと同時に、やはり乾癬は人の生活の質を下げ、
人生を変えてしまうことを改めて実感し、
より一層テアテマンドールを世間の人に広く知ってもらう必要があると確信したのです。


point:ステロイドや光線治療に頼らないため、副作用の心配がない

point:難しいテクニックは必要ないので、すぐに実践することが出来る

point:乾癬の解消だけではなく、アトピーや乾燥肌の解消も期待出来る

point:乾癬解消後も継続することによって、美しい肌の状態を保つ事が出来る

point:乾癬を解消するだけではなく、観光的な生活習慣と健康な体を手に入れられる



本来、乾癬は正しい知識があれば、
どの様なタイプの乾癬であっても消し去ることが可能なのです。


もしかして、あなたは乾癬になってしまう原因について、
このように思っているのではないでしょうか?


「乾癬は遺伝的なものなので仕方ない…」
「免疫力が弱い体質だからだ…」

もし、あなたがこの様に思っているのであれば、大きな勘違いをしています。


乾癬は、免疫力が弱いから発症する訳ではありませんし、
ましてや遺伝する皮膚病でもありません。


では、明日は乾癬の本当の原因についてお話させて頂きますね。


それでは、またお会いしましょう。

株式会社夢丸





■:こんにちは。

それでは、乾癬の改善方法につきまして、
昨日の続きからお話させて頂きますね。


乾癬が発症し、なお且つ消失出来ない
本当の原因として考えられるのは次の2つです。


◆乾癬の本当の原因を理解していないから

◆対処療法のみの治療



乾癬を消失出来ない原因はここにあります。

しかし、多くの方はこの事実を知りません。
例えそれが医者であっても…。

あなたの周りの人や、主治医に聞いてみて下さい。
「乾癬の原因ってなんですか?」…と。


ほとんどの人が答えられないと思いますし、
「遺伝や免疫力の低下」という答えが一番多いのではないでしょうか?

でも事実は違います。



遺伝や体質のせいだと諦めてしまったら、
そのまま一生、病院を渡り歩き、
乾癬と付き合っていかなくてはいけないのです。


この事実をふまえて、もう少し具体的に説明していきます。



よく、ご家族やご両親も乾癬であることから、
乾癬が遺伝したと思われる方も多いようですが、
それは乾癬が遺伝したのではなく、
乾癬になりやすい体質が遺伝したのです。


それに体質は、遺伝要素だけのものではありません。


環境要素に大きく影響されるため、
同じ環境や同じ食生活を送っている家族は、
同じ病気や同じ症状を発症することが多いのです。

中でも食生活は、代々伝承されるため特に注意が必要です。


三戒堂先生のお客様でも、ご本人が乾癬に長年苦しまれていたところ、
お嬢さんが皮膚科でアトピーと診断されたため、
ご自分の乾癬が遺伝したのだと悩まれていましたが、
三戒堂先生の施術と生活指導を受けていくうちに、
ご自分の乾癬だけではなく、お嬢さんのアトピーも解消しました。

それは、三戒堂先生の生活指導で生活環境を変えたことにより、
一緒に生活しているお嬢さんの生活環境も変化するため、
三戒堂先生の施術を受けていない、お嬢さんのアトピーも消えたのです。


つまり、同じ環境で生活していることにより、
同じ様な症状を発症していたのが、
環境を変えることによって、乾癬やアトピーの原因が取り除かれ、
症状が消えたのです。

乾癬もアトピーも遺伝ではないのです。



では、乾癬の原因とは何なのでしょうか?


それは、古くなった赤血球です。

通常、人間の体の仕組みでは、
90日から120日を経過した赤血球は破壊され、
鉄分が回収されますが、破壊されなかった古い赤血球は、
体内循環を阻止するために、皮膚表面へと運ばれ、鬱血状態を作り出し、
それを細胞化現象として、皮膚に作り変えて排泄しているのです。


それが、乾癬状態の皮膚なのです。



それから、まれに細菌や毒物、薬品などが血液中に混入した際に、
それらを異物と判断した血液が、異物を排泄しようと働き、
同じく皮膚表面に鬱血を作り出す場合もあります。


三戒堂先生のお客様の中にも、25歳の時に解熱剤を服用し、
その翌日から急に乾癬が発症した方がいらっしゃいます。


つまり、乾癬や魚鱗症と呼ばれる皮膚現象は、
皮膚病ではなく、鬱血した赤血球の排泄現象なのです。

ですから、皮膚科に通院してステロイド剤を塗布しても治らないのです。


三戒堂先生は、乾癬の本当の原因を追及出来たからこそ、
施術と生活指導により、赤血球を正常に破壊し、
鉄分を回収するシステムをきちんと作動させることで、
乾癬を克服へと導くことができるのです。


新たな鬱血をなくし、今ある鬱血が皮膚細胞に変化して排泄消滅されれば、
皮膚は正常な状態へと戻り、乾癬は消えるのです。


あなたの乾癬もテアテマンドールで克服しませんか?


それでは、明日は乾癬を改善する方法をご紹介します。


株式会社夢丸





■:こんにちは。

それでは、乾癬の改善方法につきまして、
昨日の続きからお話させて頂きますね。


ここまで私のお話を聞いても、
「自分の乾癬も本当に改善出来るのか?」
と不安かと思います。



でも、安心して下さい。
これまでに1000人を超える方達の乾癬を消し去り、65名の弟子を育ててきた
実績のある三戒堂先生のテアテマンドールを、包み隠さずお伝えします。

プログラムの内容を大まかにご説明すると、3段階になっています。


STEP1
乾癬の原因を正しく理解する


STEP2
赤血球の破壊と鉄分の回収を正常な状態へと戻す


STEP3
生活習慣の改善に取り組み新たな鬱血を発生させない


以上です。


この3段階のプロセスにしっかりと取り組んで頂くと…

気が付いたら、乾癬が消えていることに驚くでしょう。


それはある日、ふと気が付くと皮膚の痒みを感じない時かもしれません。
朝起きて、シーツに落ちた皮膚が減っている時かもしれません。

では、「具体的にどうすれば良いのでしょうか?」


はい、テアテマンドールを直接あなたにお伝えできれば良いのですが、
三戒堂先生の施術院は札幌にあり、
日本全国はもとより、世界中からお客様がお見えになりますので、
直接お一人、お一人にお伝えするのには限界があります。

ですから、乾癬で苦しんでいるあなたのために、
テアテマンドールの施術法を、大変分かりやすい実演と解説付きのDVDに致しました。


その一部をご紹介させて頂きますと・・・


◆乾癬の本当の原因を理解する!

◆なぜテアテマンドールは乾癬を消し去る事ができるのか

◆なぜ古くなった赤血球が取り残されてしまうのか?

◆乾癬患者の共通点は手と背中にある!

◆乾癬は何度でも再発する!

◆乾癬の苦しみは経験者にしか理解できない!

◆脂質だけじゃない?!

◆出産時や幼児期の影響


以上のことを知って頂くことにより、
あなたの皮膚は本来の滑らかな状態へと戻り、
壮絶な乾癬との闘いに終止符を打ち、
穏やかな毎日を過ごすことができるでしょう。


もう「一生このままなんだ」と投げやりになることもなく、
好きな服装で、周りの目を気にすることなく外出だって出来るのです。

乾癬で人生を狂わされてしまう方。
乾癬を克服し、本来の人生を取り戻す方。

その違いは、これまでにお伝えした方法を知っているか、知らないか、
それだけの違いなのです。


つまり、正しい知識さえあれば、
病院で「一生治らない」と言われた乾癬も克服することができるのです。


あなたも、1回、3回、5回と実践していくうちに、
自然と「あれっ…皮膚がボロボロ落ちなくなった」と実感されるでしょう。


四六時中痒みがあるというのはとても辛いことです。

まして出血や皮膚の剥離を伴う乾癬は、
見た目にも周囲からの誤解を受け易いため、
精神的にもそうとう辛い状態に追い込まれてしまいます。


乾癬を発症したことで、毎日の生活が
ままならなくなってしまう方も少なくありません。

あなた本来の滑らかな肌を取り戻し、
それと共に、あなたらしい充実した生活を取り戻して頂きたいのです。


あなたも是非、乾癬を克服して下さい!
詳しくはコチラ↓
乾癬は病気じゃないんだ



株式会社夢丸





■:こんにちは。

本日は、あなたの乾癬も治る理由をお話します。


1つ目は、
1000人以上の方を救い64人の弟子を育ててきた確かな方法だという事。

皆さん、日本全国、今では海外からも三戒堂先生の施術を受けにいらっしゃいます。
そのうち9割以上の方の乾癬の解消に成功してきました。

ほとんどの方は3回程の施術で効果を実感され、
10回程度の施術で皮膚の見た目にも変化が現れます。

ですから、テアテマンドールをきちんと実践して頂けたなら、
「もう元の皮膚には戻れない」とさえ思っているような、
あなたの乾癬も克服することができるのです。

お客様のビフォーアフター画像がその証明です!
乾癬は病気じゃないんだ


2つ目は、
テマンテドールは3段階のシンプルなプログラムで誰にでも実践しやすい!

乾癬解消に取り組むために重要なのは、ご自分の乾癬を理解することです。

そして、乾癬の原因を取り除き、乾癬を発症させない状態を継続することです。
とてもシンプルで難いことではありません。

生活習慣を改善して頂くだけでも、乾癬の症状は軽減されると思いますが、
セルフケアと施術を取り入れることによって、
乾癬解消までの時間を大幅に短縮できるでしょう。

時間を見付けて、少しずつでもコツコツと続けていくことが大切です。


3つ目は、
てあて師 三戒堂 水宝が考案したオリジナルで効果的な方法だという事。


あなたは、乾癬は治らない病気だと思って諦めてはいませんか?

数々の病院を受診し、様々な検査や投薬を重ねてきたにもかかわらず、
未だに乾癬から脱却できていなかったとしても、諦めてはいけません。

世間一般的に知れ渡っている方法を色々と試しても、
乾癬を解消できないのはあなただけではないのです。

三戒堂先生の施術院にお見えになるお客様も皆さん同じです。

病院をたらい回しにされ、ありとあらゆる薬を試しても
症状はいっこうに好転せず、「もう一生治らない」と医師から匙を投げられて、
藁をも掴む思いで私のところへいらっしゃいます。


テアテマンドールは、対症療法でもなければ、
一般的に知られている民間療法などとは全く違います。

てあて師である三戒堂水宝が独自に考案した
完全にオリジナルな方法なのです。



今まで、どんな方法を試しても
改善されなかったあなたにこそ、オススメしたい方法です。
乾癬は病気じゃないんだ


それでは、またお会いしましょう。


株式会社夢丸





■:こんにちは。

乾癬は治せる!という事をご理解頂けたでしょうか?

また、三戒堂先生の
乾癬治療【テアテマンドール】はもうご確認頂けましたか?


乾癬を自宅でも手軽に改善出来るように、
1000人以上の患者様の乾癬を90%以上改善させた、
テアテマンドールを全て公開したDVDを
あなたにも手に入れて頂くために、様々な特典がご用意されております。


特典1

安心・安全の全額返金保証!!

あなたがこの方法を毎日実践したのにもかかわらず、
6ヶ月経過しても乾癬が変化しなかった場合は、
ご購入時のDVD代金を全額返金させて頂きます。

返金希望の際は、ご購入時の氏名、購入決済日、
お申し込みメールアドレスをご確認の上、
0166-73-5329(株式会社夢丸 返金専用ダイヤル)まで
お問い合わせ下さい。

6ヶ月実践した後、それより6ヶ月以内であれば、
15日以内に返金手続きを取らせて頂きます。

自信があるから出来る事です!



特典2

30日間回数無制限の無料メールサポート

DVDをご覧頂き、ご不明な点などがございましたら、
DVDに同封された中紙に記載されているURLよりお問い合わせ下さい。

テアテマンドール インターナショナル 日本総合本部 三戒堂水宝が
あなたの疑問や不安を解消します。

40年以上の研究・実践から得た情報を特別にお伝え致します。
なお、ご購入者様が殺到した場合は、
サポートを告知なく打ち切らせて頂く場合がございますので、予めご了承下さい。
※サポートの詳細につきましては、商品に同封される中紙に記載致しております。


特典3

DVD補助テキスト無料ダウンロード配布


DVDの内容を分かりやすく、テキストにまとめたものを
無料でダウンロードして頂けます。
何度もDVDを見直す必要もなく、出かけ先などでも
テキストにてご確認頂けますので、是非ご利用下さい。
PDFファイル 全47ページ
※PDFを閲覧できる環境でお開き下さい。
※ダウンロードURLは、商品に同封される中紙に記載致しております。



ここまでご覧になられても、
まだ自分の乾癬も改善出来るのか・・・

不安に思われている方もいるかも知れませんね。


確かに、これまでずっと乾癬で悩み続けていたのに、
急に乾癬が解消できると言われても、
信じられないし、想像すらできないですよね。


先日もお伝えしましたが、テアテマンドールには、
あなたの乾癬も解消できる3つの理由があるのです。


一つ目は、
テアテマンドールによって、お客様の9割以上が乾癬を克服してきた事実!


二つ目は、
テアテマンドールは特別な道具や難しいテクニックを必要としない、
シンプルなプログラムだということ。


三つ目は、
てあて師である三戒堂水宝が独自に考案した完全にオリジナルな方法だということ。


以上の3つの理由が、あなたの乾癬を解消できる理由です。


乾癬で仕事や外出もままならないと悩み続ける人。
乾癬を克服して自分らしく生きる人。

その違いは遺伝でも免疫力が低いからでもありません。

単純に毎日の生活の中で、
「乾癬を解消するために何をしているか」 これだけの違いなのです。


プログラムをきちんと実践して頂ければ、
その効果をあなたにも実感して頂けるでしょう。

どうぞ、一度お試しになられて下さい。


【乾癬は病気じゃないんだ!】DVDのご購入はコチラ
乾癬は病気じゃないんだ


乾癬を改善し、是非素晴らしい人生を歩んでください。


それでは、またお会いしましょう。


株式会社夢丸






■:こんにちは。

もう三戒堂先生の
乾癬治療【テアテマンドール】は体験して頂けましたか?


一度体験して頂くと、良くなってくる事がすぐに実感して頂けたと思います。

本日は、乾癬の恋人を持ち、乾癬の治療法を探し続けた
ある女性の体験談をお届け致します。

一緒に暮らしている私の彼も、生まれつきアトピー持ちで、
突然、乾癬魚鱗症を発症しました。

日に日にひどくなって行き、どうしたら良いのか、
本当に困惑しました。

原因はなんなのか、あれこれ探り、
こうした方が良いと言われているあらゆる事を実践しました。

洗濯物は、必ず普段の倍はすすぎ、
布団も買い替え、
シーツは毎日選択し、
掃除も毎日やって・・・
カーテンも週1で洗い・・・

少しでも良くなれば・・・
良くないものは排除しないと・・・
祈る気持ちで必死にやりました。

でも、症状は一向によくならず・・・
なんだか、私がやっていることはまだまだで、
「ダメ、全然出来てませーん」って言われている気がして
本当に悲しかったです。

クタクタに疲れた時は「彼の事が大好きだけど、もう出来ない、
もう無理だ・・・」って何回も思いました。

テレビで乾癬魚鱗症は原因不明の不治の病で、
ステロイドの副作用に苦しみながらいくしかない、
とかいう情報を見たりした時は、本当に悲しくて泣いてしまいました。

一緒に暮らしている犬が原因なんじゃないか・・・
って思ったりもしました。

こんなにこんなに大好きなのに、もしかしたら、
犬と暮らせなくなるのかな・・・、絶対嫌だ、
どうしたら良いの・・・?とすごく悩みました。


でも、そんな私なんかよりも、一番苦しかったのは彼です。
足の裏の皮膚はガチガチになって、パックリと深く割れてしまい、
ドロリと出血をして、とても痛そうでした。

あちこちから出血があり、シーツにも血がついていました。
でも、彼はいつも笑顔で申し訳なさそうに、悩んでいる私に
「僕がこうなったのは君のせいじゃないよ、むしろ君がいなかったら
もっと酷くなっているよ、いつもありがとう、いつもごめんね。」
と言ってくれました。

でも、皮膚病の病院に行くという選択肢は、最後の最後に
どうしようもなくなってからにしたかった。

何故かというと、私自身が医療の現場にいたことがあり、
皮膚科の実態を知っていたこと、また彼も長いアトピー人生を歩んできて、
皮膚科というものに期待をしていなかったこと、
そして、皮膚科に通って改善したという情報を、たったの1つですら
耳にしなかったということです。



・・・・・続きはコチラ
乾癬は病気じゃないんだ



株式会社夢丸






■:乾癬は何か?



「皮膚に赤いぶつぶつができた」

体の異常って怖いですよね。

でもいざ病院で診てもらおう!
と思っても何科に行けばいいのか
わからない…。

あまり病気をすることがなく
病院なんて行く必要のなかった人
なら尚更ですよね。

こんなときは何科に行けばいいのでしょうか?


●乾癬は何科で診てもらえばいいの?

乾癬は皮膚の病気ですから皮膚科で診てもらいましょう。

ただし!

「とりあえず行けばいいや」

と思っている人は注意してください。

乾癬は初期段階や軽症の場合、他の皮膚の
病気と区別が難しいのです。

それに、同じ皮膚科医でも意見や治療法
が異なる場合があります。

「じゃあどうすればいいの?」

そんなときに役に立つのが
セカンド・オピニオンです!

セカンド・オピニオンで他の医療機関
の皮膚科医からの意見を聞くことができます。

自分の体のことですから
受診した皮膚科で何か不安なことが
あればセカンド・オピニオンを
活用するのもいいと思いますよ。


●どんな検査をするの?

1:患部を見る

2:触って状態を確かめる

基本的にはこのように検査を行います。

でもこれで

「これは乾癬だ!」

と確実にわかるわけではないのです。

乾癬は初期段階では他の病気と
区別がつけづらいので、
問診と視診、触診だけでは判断できない
ことがあります。

その場合は、

1:局部麻酔をする

2:小さく皮膚を切り取る

3:皮膚の表皮の状態などを
  顕微鏡で調べる

このようなもっと詳しい検査を
行います。

このときに皮膚に乾癬独特の状態が
診られれば、そこで「乾癬」だと
診断されるのです。


皮膚を切った後はちょこっとですが
縫うそうです。

ちょっとでもなんだか「縫う」
と聞いただけで痛いような気が
してきますね。

でも!

乾癬が悪化してしまったらそれよりも
もっと苦しむことになってしまうのですから、
ここは少しの我慢ですよ!





■:乾癬はうつる?


Q.乾癬は人にうつる?



さて、この問題あなたはわかりますか?

乾癬と聞いてあなたはどんなイメージを
持ったでしょうか。

イメージだけで病気のことを決め付けて
誤解していませんか?


●乾癬はうつらない!

乾癬。

かんせん。

その発音が無意識に「感染」というイメージ
を植えつけてしまうのか、乾癬をよく
知らない人の中には

「うつる病気ではないのか?」

と思っている人がいます。

記事の最初の問題。
もし、あなたが「うつる」と答えて
いたならそれは間違いです。

正解は、いいえ!
乾癬はうつりません。

例え乾癬の患者さんと温泉やプールに入ったと
してもうつる可能性は0%です。

「うつるじゃないか」
と患者さんを敬遠する前に、乾癬という
病気のことを正しく理解することが必要ではないでしょうか。

イメージだけでは理解に繋がりません。
誤解をして相手との関係が壊れてしまう前に
正しい知識を取り入れましょう。


●子どもに遺伝する?

乾癬は人から人にうつることはない。

「じゃあ遺伝もしない?子どもは大丈夫?」

乾癬が遺伝するということはありません。
ただ、乾癬になりやすい体質は遺伝すると
言われています。

乾癬になりやすい体質というのは、
免疫異常の起こりやすい体質ということです。

「やっぱり遺伝するんだ…」

そんなに落胆しないでください。

乾癬になりやすい体質というだけで、
必ず乾癬が発症するというわけではないのですよ。

乾癬が発症するのは、免疫異常に

・食生活
・ストレス
・糖尿病
・高血圧

などの刺激が加わることが原因と
言われています。

きちんとした食生活や生活習慣を
心がけていれば乾癬を予防することが
できます。

悲観する前に手洗い・うがいなど
できるところから始めてみてください。





■:乾癬の服選び


乾癬はこすったらいけない。

その刺激が乾癬悪化に繋がってしまう
かもしれないからです。

肌を掻かない。
それ以外に自分でできることって
なんでしょう?

「悪化は防ぎたいけど、
何に気を付けたらいいのかわからないよ」

んんー。
これは困りましたね。

でも、乾癬はどの程度の刺激で悪化
してしまうのでしょうか?

「軽くこするだけでもダメなの?」

程度がわからないと洋服も着れない
ですよね。


●どの程度の刺激だと乾癬は悪化してしまうの?


・髭剃り

・むだ毛剃り

・虫刺され

・靴ずれ

・眼鏡や衣服での摩擦

びっくりするかもしれませんが、
こんな些細な刺激でも乾癬が
悪化する要因にるのです。

日常生活をおくる上で当たり前な
ことをしただけで。

出かけるには靴を履かなければ
ならないし、服だって着ないわけには
いきません。

なので、肌への刺激を最低限与えない
ような洋服選びが必要になってくるのです。


●乾癬を悪化させない衣服を選ぼう!

・サイズ
衣服と肌の摩擦を減らすために
ゆったりとした大きめのものを
身につけるといいでしょう。

・素材
素材は柔らかい綿製品で。
チクチクとした化学繊維やウールは
避けてください。

・色
色は黒は選ばない方がいいかもしれません。
フケが目立ち、不潔なイメージを
もたれてしまうかもしれないからです。
選ぶのなら水色や白など薄い色がオススメです。


●半そでを着よう!

乾癬は日光に当たる部分にはできにくい
と言われています。

なので半そでなどでなるべく日光に
当たった方がいいのですが、

「でも人目が気になる…」

という方も多いでしょう。

それなら無理に半そでや半ズボンを履いて
外出しようとすることはないと思いますよ。

ストレスを溜めてしまうだけですからね。

代わりに休みの日など家の日当たりの
いいところで日光浴なんて
してみてはいかがですか?

乾癬に悩まされて疲れていた心も
少し休めることができるかもしれません。





■:乾癬の種類


この間コタツを出しました。

すっかり寒くなってきて、もう冬ですね。

冬。

お鍋はおいしいし、クリスマスにお正月。

楽しいことがいっぱいありますが、逆に困る
こともありますよね。

そう!

乾燥です。

この季節手がカサカサ…なんて人も多いの
ではないですか?

ひびやあかぎれ、痛いですよね。

日常生活をおくるのに肌のトラブルは深刻。

それが病気ともなれば尚更です。

今回はそんな皮膚の病気、乾癬(かんせん)についてです。


●乾癬にはいろいろな種類がある!

乾癬と一口に言っても、症状などからその種類は
5つに分けられます。


・尋常性乾癬
→乾癬の患者のほとんどはこのタイプです。
 皮膚が赤く盛り上がる(紅斑)、カサブタのようになる(鱗屑)、
 カサブタがはがれ落ちる(落屑)などが主な症状です。

・関節症性乾癬
→関節が腫れたり、痛んだり、変形するなどの症状が見られます。
 そのため関節リウマチと間違われることもあります。
 乾癬の皮疹の後に関節の症状が見られるケースが多いようです。
 関節の症状が出てくるまでの期間は、数ヶ月という短い場合も
 あれば数十年後だったりとまちまちです。
 近年患者さんが増加し、全体の3~5%を占めています。

・滴状乾癬
→若い人に多くみられるようです。
 水滴くらいの小さな皮疹が突然全身に現れます。
 抗生物質の服用で治ることが多いですが、稀に尋常乾癬
 になってしまうことがあります。

・乾癬性紅皮症
→尋常性乾癬の症状が全身に広がります。
 皮膚の8割が赤くなった状態を紅皮症化といいます。
 
・汎発性膿疱性乾癬
→全身の皮膚が赤くなるだけではなく、発熱や悪寒、倦怠感
 などの症状が現れます。
 放っておくと最悪の場合死に至るケースもあります。
 汎発性膿疱性乾癬は尋常性乾癬からなることもありますが、
 乾癬の症状がないのにいきなり発症することもあります。
 早急に治療が必要なことから、難病指定されています。



たかが皮膚の病気。

そうは思っていませんか?

乾癬は間違った治療や放置によって症状が
悪化してしまうものが多いのです。

「ほっとけば自然に治るだろう」

なんて呑気なことを言っていては
ダメですよ!

もし汎発性膿疱性乾癬になってしまったら
死に至ることもあるのですから…。

発症することはほとんどないとは言っても
「自分は大丈夫」
という考えは危険です!

悪化してしまう前に適切な治療を受けましょう。
 




■:乾癬の治療法って?


もしあなたが乾癬だと診断されたとしたら、
1番気になることはなんですか?

「ちゃんと治るのかな…」

そうですね。
治るかどうか、そこがはっきりしないと
不安ですよね。

心配しないで、と言いたいところなのですが。

残念なことに乾癬の効果的な治療法というのは
現在ではまだ見つかっていないのです。

「じゃあどうしたらいいの?」

乾癬という病気をよく理解して、
うまく付き合っていくことが大事です。


●乾癬をコントロールしよう!

乾癬という病気は、良くなったかと思ったら悪くなったり。
数十年かけて治療する、というケースも珍しくありません。

例え同じ治療をしていても、体調や環境など
ちょっとした違いで悪化してしまうこともあります。

そう、乾癬とは良くなったからといって
安心できない厄介な病気なのです。

乾癬。
その症状も辛いですが、やはり見た目を
気にする患者さんも多くいます。

「人と接する仕事だからなんとかしたい」

「人目を気にせずに外出したい」

当たり前にできていたことが、
乾癬の発症でできなくなってしまうというのは
辛いですよね。

その上効果的な治療法がないと言われては
悲観してしまうのも無理ありません。

でも、諦めないでください。

乾癬の症状が悪化するのには何かしらの
原因があるはずです。

・暴飲暴食

・過度のストレス

・偏った食生活

・風邪

・怪我

乾癬悪化の原因は日常生活の中にあると
言ってもいいでしょう。

あなたの食生活や生活習慣、乱れていませんか?

乾癬の効果的な治療法がないからといって

「じゃあもうダメだ…」

と諦めてしまうのではなく、
少しずつでも日常生活の改善をしていきましょう。

焦らず気長に病気と向きあっていくことが
完治への近道だと言えるのではないでしょうか。





■:乾癬の原因


「全身に皮疹ができた」

それ、もしかしたら乾癬かもしれません。

すぐに病院で診てもらいましょうね。

それにしても、何故いきなり乾癬にかかって
しまうのでしょう?

「原因はなに?」

知りたいですよね。
そんなあなたのために乾癬の原因を調べてきましたよ!


●どうして乾癬になってしまうの?

乾癬の発症の原因。

前まではよくわかっていませんでした。

しかし!研究は日々進んでいます。

「表皮細胞の異常な増幅。
これに免疫異常が加わって炎症が起こり、
乾癬を引き起こす」

ということが最近の研究で判明してきました。

免疫は細菌やウイルスから体を守ってくれる
私たちの体になくてはならない大切なものですが、
なんらかの原因で免疫に異常をきたすと、
ウイルスではなく自分自身を攻撃してしまうのです。

この免疫異常が起こりやすい体質の人に、

・外的な刺激
怪我、風邪、糖尿病、肥満など

・内的な刺激
ストレス、たばこ、アルコール

などが加わって乾癬を発症してしまうのです。



「どうしたらいいの?」
「ちゃんと治る?」

自分の体のことですから、そんな不安が
でてくるのも当然ですよね。

全身に皮疹ができたら周りからの
目も気になってきてしまいます。

乾癬の症状だけでなく、そういったストレス
も抱えることになって辛いですよね。

でもそのストレスが更に乾癬を悪化させて、
そのままでは悪循環です。

どうしたらいいのか。
治るのか。

自分ひとりで悩むよりもきちんと専門の病院を受診
することをオススメします。





■:乾癬のでやすい部位


髪の生え際。

肘、膝、腰。

これらに共通することって
なんだと思いますか?

実は、今あげた部位は乾癬の皮疹が
でやすいんです。

関節はなんとなく想像できますが、
髪の生え際というのは少し意外ですね。

今回は乾癬の皮疹がでやすい部位に
ついて調べてみました!


●乾癬の皮疹がでやすい部位

・薬

・感染症

・ストレス

他にも皮膚を掻くなどの刺激により
乾癬の皮疹は起こりやすくなります。

皮疹は基本的に全身のどの部分にも
できます。

「じゃあでやすいとかあんまり関係
ないんじゃ…」

と思うかもしれませんね。

全身に起こる皮疹。
その中でも特にでやすい部位という
のがあるのです。

皮疹がでやすい部位の特徴には

・連続して刺激を受ける

・日光が当たりにくい

というものがあります。

なので、記事の最初であげたような関節
や服で普段隠れている部位にできやすいのです。

その中でも特に頭皮!

髪の毛が皮膚をこするため、
頭皮や髪の生え際は特に皮疹が
でやすいと言われています。


●乾癬の皮疹がはじめにできる部位

乾癬発症後はじめの皮疹はやはり
頭皮にできる場合が多いみたいですね。

フケの異常な増加やかゆみで乾癬で
あることに気付く人がほとんどのようです。

フケは自分のイメージにも繋がってきますから
すぐに異常に気付く人が多いのかもしれませんね。

他にもできやすい部位にはお尻や背中など
があります。

これは少数ですが、爪にできるケースも
あるようです。
ちょっと驚きですね。


ここならいいとか、
ここは困るとか、
そういう問題ではなく皮疹はどこにできても
困るものですよね。

でもどこにでやすいか把握しておけば、
何か異変があればすぐにわかるはず。

あなたは頭が何日も前から
痒かったりしていませんか?
フケがやたら増えたりしていませんか?

「ちゃんとお風呂に入ってるのに…」

なんて落ち込んでいる場合では
ありません。

もしかしたら、乾癬かもしれませんよ。

早めにお医者さんに診てもらいましょう。






■:乾癬で避けた方がいい食事


乾癬。

そう、皮膚の病気ですね。

でもこの乾癬、食生活によって悪化して
しまうこともあるってご存知でしたか?


●乾癬で注意しなきゃいけない食べ物って?

食生活によって悪化してしまう。

とは言っても食事制限をする必要は
ないですよ。

ただ、乾癬は一般的に肥満などと関係のある
疾患だと言われているので、もしあなたが
太っていてお肉だーい好きだとしたら
その食生活は大幅に改善しなければなりません。

「じゃあなんだったら食べてもいいの?」

そこで!
乾癬の患者さんが避けた方がいい食べ物を
まとめてみました。


・カロリーの高い食事は避ける
お肉の変わりにカボチャやニンジンなどの
緑黄色野菜を摂りましょう。
魚には炎症を抑える働きのある栄養素
(ドコサヘキサエン酸、エイコサペンタエン酸)が
多く含まれているので、野菜と一緒に摂るといいですよ。

・辛いものや熱いものはやめておこう
辛い食べ物や、熱いスープなどは
かゆみを増すことがあります。

・お酒は控えて
お酒はかゆみが増す原因になります。
さらに、お酒は薬の効果に影響を及ぼすことがあります。
思いもよらない副作用に苦しめられる、
なんてことにならないとも言えません。
記憶がなくなってしまうほどの飲酒は危険です。
できればお酒はやめた方が良いでしょう。


朝は食べない。
昼はハンバーガー。
夜はステーキ。
夜食にカップラーメン。

こんな生活をしていたら乾癬が
どんどん悪化してしまいます。

暴飲暴食はもちろん禁物。

だからといって極端な栄養食に走る
必要はないですよ。

できる範囲でいいんです。

栄養のあるバランスのいい食事。
これを心がけるだけで乾癬の
悪化をぐっと抑えることができるはずです。





■:乾癬Q&A


「体にいきなり皮疹が!」

乾癬だと診断されたあなた。

突然病気になったら誰しも不安なもの。

「これ以上悪化しない?」

「治るの?」

こんな疑問と不安で頭はいっぱいですよね。

そんなあなたの悩みを少しでも解決
できれば、と思って乾癬のQ&Aをまとめてみました。


●乾癬 Q&A


・乾癬は他の人にうつる?
→感染することはありません。
 プールに入るのも、他の人と一緒に洗濯をして
 も何も問題はありません。

・乾癬は全身に広がる?
→全身に広がるケースは滅多にありません。

・乾癬はストレスで悪くなる?
→ストレスにより悪化します。
 精神的にも肉体的にもストレスを溜め込
 まないようにするのが大切です。

・頭皮に乾癬がある場合、髪の毛は抜ける?
→乾癬で髪の毛が抜けるということはありません。
 しかし、シャンプーで髪を洗うときゴシゴシと
 強くこすると乾癬悪化の原因になります。
 優しく洗うように心がけましょう。

・食事制限はある?
→食事制限はありません。
 ただし、暴飲暴食や偏った食生活は
 よくありません。

・乾癬に日光浴はいい?
→日光に当たるのは乾癬のとても有効です。
 暖かい時期に適度に日光浴をするといいでしょう。
 しかし、日光の当たりすぎには注意です。
 肌がヒリヒリするほど焼いてはいけません。

・乾癬は治るの?
→なにより一番重要な問題ですね。
 しかし、残念なことに現在は乾癬を完治させる
 治療法というものが見つかっていないのです。
 なので治療は長期に及ぶことがほとんどです。
 だからこそ、乾癬を悪化しないようにコントロールすること
 がとても大切なのです。

たくさんありましたが、
ここであげたのはほとんど日常生活に対する疑問です。

もし、あなたが治療や薬のことでわからないことや
知りたいことがあるなら、きちんと専門の病院を
受診し説明してもらうのがいいでしょう。





■:乾癬 日常生活での注意点


乾癬を悪化させる要因。

それは肌への刺激だけではないですよ?

そう!
食生活や生活習慣です。

あなたは乾癬が悪化するような、そんな
不規則な生活していませんか?

今一度自身の生活を見直してみましょう。


●日常生活での注意点!

・タバコはやめる

タバコは乾癬悪化だけではなく、あなたの
体に悪影響を及ぼします。

副流煙を周りの人が吸い込めばあなたの
周囲の人の健康も害してしまいます。

百害あって一理なし。

禁煙することをオススメします。


・体は清潔に保つ

当然ですが、
お風呂には毎日入りましょう。

ただ長時間の入浴はかゆみを増す原因に
なるので、ぬるめのシャワーなどで短時間で
すませるのが良いですよ。

乾癬の症状でぽろぽろとはがれてくるカサブタ
を洗って落としたくなる気持ちはわかりますが、
ぐっと堪えてください。

ゴシゴシとスポンジで強くこすると
乾癬が悪化してしまいます。

スポンジなどは使わず、手で優しく洗ってください。

髪の毛もですよ!

フケを落とそうと強くこするのは逆効果。

優しく洗うのがポイントです。


・乾燥に注意

冬になると肌が乾燥してきますよね。

でも乾癬にはこの乾燥が大敵!

肌が乾燥しないようにクリームを塗ったり
加湿器を置くなど、工夫してみてください。


・体調管理に気をつけよう

感染症にかかると乾癬は悪化してしまいます。

風邪はもちろんですが、虫歯や副鼻腔炎など
も注意しなければいけません。

家に帰ったら手洗い・うがい。
寝る前には歯磨き。

いつもやってる当たる前のことだからこそ
疎かになってはいませんか?

思い返してみれば、
「あ、忘れてた」とか
「やってなかった」なんてことあるのでは…。

感染症にかかって乾癬も悪化したら、
辛いのはあなたです。

そんなことにならないように
生活習慣を改善して、乾癬悪化を防ぎましょう!







■:「治らない」と言われている
重症の皮膚病・・・

乾癬を改善するDVDの販売報告です。
乾癬は病気じゃないんだ

何と、今回乾癬の改善方法を教えて下さったのは、
乾癬を90%以上改善出来る「テアテマンドール」という治療法の
創造者である、三戒堂 水宝先生です。


乾癬患者の方の治療はもちろん、
現在は、テアテマンドールを世に広げようと、
治療家の育成にも日々熱心に励まれております。

その治療実績は、40年以上に亘り
1000人以上の乾癬を根治されてきました。


貴重な治療方法は〇十万円で、
お弟子さんに伝えられておりますが、
今回は特別に一般の方が自宅で改善出来るよう、

その素晴らしい治療方法をDVDにまとめて頂きました。


詳細はこちらをクリック⇒ 乾癬は病気じゃないんだ




↓情報商材の最新情報はこちらをクリック
人気ブログランキング
FC2ブログランキング


関連タグ : 情報商材, 乾癬, 病気,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
このウィンドウは一度閉じると二度と表示しません。[閉じる]
元手0円で5,000円の副収入を得る方法
私が実際にたいして時間もかけずに、一切の投資なしで
ネットで5,000円を稼いだ方法をお伝えいたします。

もちろん、これを利用すれば1万円、2万円と更に稼ぐことは
それほど難しいことではありません。

この無料レポートでは、ネット初心者の方でもパソコンさえあれば、
ネットで5,000円稼ぐことができる方法を解説しています。
時間にして約1時間ほどいただければ、結構です。

有料の情報商材の内容を無料で提供していますので、
ご興味のある方は、この機会にご請求ください。

*『なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】』
独自メールマガジンに自動登録されます。
お名前
メールアドレス
メールアドレス確認
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。