奇跡の癌(がん)生還プロセス-私のやり方-

ここでは、「奇跡の癌(がん)生還プロセス-私のやり方-」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓情報商材の最新情報はこちらをクリック
人気ブログランキング
FC2ブログランキング






奇跡の癌(がん)生還プロセス-私のやり方-

商品名 奇跡の癌(がん)生還プロセス-私のやり方-
商品区分 EC:物販
インフォプレナー名 株式会社バイタルシード





■:癌末期の方とそのご家族に捧げる-癌と治療との闘い方-
【奇跡の癌(がん)生還プロセス-私のやり方/経験者が語る疾患側からみた究極の対策】

余命3ヶ月生存確率0%、日本では症例の極めて少ない上咽頭癌【進行ステージ4/末期癌】
を完治した成功体験記録が初公開されております。ご存知でしょうか?


こちらの成功体験記録の特徴を一言で表しますと、

幼少・青年時より自家中毒・血気胸・肺結核と生死を彷徨う重篤な病に度々侵され、
度々克服した経験値により、余命3ヵ月生存確率0%と宣告された、末期がんを
さらに克服(完治)した、奇跡的な成功体験から得た教訓、著者自身が、
幾度の長い入院生活から得た普通の人では気が付けない鋭い着眼点と
「患者のプロ」という視点で語る、説得力の高い教えと大切なポイントが、
医師の立場からではなく、疾患側からみた究極の対策という視点で、
著者自身の思いがメッセージとして込められており、
「現在がん疾患で悩んでいる人に向けた」
がん克服を目指す成功体験記録が「ノウハウ」として初公開されております。

また、過去に著者が出版した、初作:がん闘病記「凛として生きる」の本の帯には
鳩山元総理大臣の署名による推薦状を頂いております。

今回の、【癌(がん)生還プロセス‐私のやり方ー経験者が語る疾患側からみた究極の対策】
は、成功体験から得た教訓やノウハウ、著者が「がん疾患者に」伝えたい大切な
ポイントが解りやすくメッセージとしてまとめられ、その内容は一新しておりますが、


幾度の重篤な病と長い入院生活を、度々乗り越えた普通の人では気が付けない鋭い着眼点
「患者のプロ」という位置付け語られる内容には強い説得力があります。

「実際に生死の境目を3度克服した経験したからこそ使えるフレーズが下記に示してあります」

☆「癌」という最強の敵から挑まれた闘いに勝利するためには?
☆高度に発展しつつある西洋医学を有効に利用するためには?
☆医療従事者や家族から持ち上げられて「裸の王様」にならないためには?(本当の病名を知らされない)
☆医療従事者や家族から疎んじられないためには?
☆目的意識を持った闘病生活を送るためには?
☆疎外感に悩まされる日々を送らないためには?
☆病気治療のプロを巧く利用するためには?
☆小さな変化でも見逃さないためには?
☆賢い患者になるためには?
☆自然治癒能力を最大限に引き出すためには?
☆患者として識っておくべき最低限のポイントは?
☆真の意味として、「医師と患者」間における、「意志の疎通」を成就させるためには?
☆副作用の辛苦に耐えるためには?
※その他、経験したからこそ話せること。強調できること盛り沢山)【A4サイズ版全287ページ】


癌(がん)でお悩みの方には、朗報となるに違いありません。
ご興味のある方は、是非お見逃しなく。





■:『がんに恐怖する読者の皆様にお伝えしたいこと!』

◎ 本気で自分の命を守りたいのであれば是非に読んでいただきたい。
(経験したからこそ使えるフレーズが下記に示してあります)

☆ 「がん」という最強の敵から挑まれた闘いに勝利するためには?
☆ 高度に発展しつつある西洋医学を有効に利用するためには?
☆ 医療従事者や家族から持ち上げられて「裸の王様」にならないためには?(本当の病名を知らされない)
☆ 医療従事者や家族から疎んじられないためには?
☆ 目的意識を持った闘病生活を送るためには?
☆ 疎外感に悩まされる日々を送らないためには?
☆ 病気治療のプロを巧く利用するためには?
☆ 小さな変化でも見逃さないためには?
☆ 賢い患者になるためには?
☆ 自然治癒能力を最大限に引き出すためには?
☆ 患者として識っておくべき最低限のポイントは?
☆ 真の意味として、「医師と患者」間における、「意志の疎通」を成就させるためには?
☆ 副作用の辛苦に耐えるためには?
※ (経験したからこそ話せること。強調できること)

「生死の境目を彷徨こと複数回・・・」このフレーズは自慢できることではないのですが、1度、2度、3度に亘り、失くして然るべき「命」を救われたのは、「何かがある!」と思わざるを得ない「使命」を強く感じておりましたが、「天が与えた苦痛」が、実は「命の伝達者」に成りうるかの「試練」ではなかったのだろうかと、私は自分なりに解釈させていただきました。
3度目の「試練」は「命の期限」を先んじて付けられるという、「最大の悪しきイベント」でした。手前勝手な新生物(上咽頭がん)は許可もなく生まれ出ると、届出もしないで新生血管を作り出して栄養分を奪い取り、周囲に迷惑をかけることもお構いなく増殖を繰り返して肥大化しておりました。「何だ?こいつ!」と思ったときには「手を付けられない状態」になっていたのです。当然のことですが、専門医の意見は「歯に絹を着せないフレーズ」となっておりました。「助けられない・・・」「がんの進行状況を鑑みると治療をしても無駄になる公算が高い」「生還の可能性は〇です。余命は3ヶ月しかありません」「治療は一応行ないますが期待しないでください」・・・重篤な病に侵された患者に使うべき言葉ではないような「宣告」でした。それほど私の状況は最悪であり、間違えても「ひょっとすれば助かるかもしれませんので頑張ってください」とは言えない状態だったのです。でも、「こうして今も生きているのは何故?」「あんなにひどかったのに?」「奇跡を掴んだの?」「本当はがんじゃなかったのでは?」・・・数々の「お言葉」を周囲の人からいただきましたが、「生還できた事実」はもはや否定できることではありません。「生きていることこそがまさに証」なのですから・・・
軸をぶらすことなく「きちんと頑張る」こと。究極に突き詰めればそういうことなのですが、これでは余りに抽象的過ぎて、「意味を理解する」段階には達することができません。
経験した局面をひとつひとつ丁寧に探って行きますと、なるほど・・・と思えるようなポイントが幾つも出てまいりました。闘病時に於いては、自己の方向性を占う局面はたくさんありました。どれもが「希望」に行き着く選択肢に思えましたが、「我慢」と「忍耐」を取り違えなかったことが、最大のパワーを引き出せる原動力になったように思います。
病気を過去の出来事にできたからこそ、こうして皆様にお伝えすることができるのです。まさに命を懸けた体験だったからこそ気付けたことが幾つもありました。その全てをお伝えしたい・・・拙い表現で、真の部分を巧くお伝えできないかもしれないのですが、何度も読み返していただきたい。ご自分のために、あるいは失いたくない近しい人のために・・・





■:「がんに負けない!」

侵略者に屈しない強い思念は、自己をその気に導くことができるか否かで決まります。経験したからこそ強調できるフレーズですが、闘う以前に負けを認める思いを持つのはタブーです。否定ではなく肯定する在り方・・・ものごとは、「認識」がそこにあって、「対策」がアイデアされ、「真の姿」を浮き彫りにすることで、「具体的な解決の方向」へと導かれるのですが、「忍耐」という二文字を忘れることはできません。「体内に起こっている現象を見極める姿勢を常に示す在り方」。重篤な病を凌駕するためには欠くことのできない要素だと心得る必要があります。「否定」する前に「咀嚼して吟味」する。そして、「自分のパワーを最大限に出せる理解の仕方」へ結びつけるのです。相手(がん)の勢いに屈してはなりません。そっぽを向くのではなくきちんと向き合うのです。相手がしつこく侵略を続けてくるのであれば、自分も執拗に相手の進路を阻む強い思いを持たなければなりません。数々の実績を上げてきた「西洋医学」は強力な武器となり得るのですから、「効果を有効に利用できる術」を身につけることは重要です。病気は自分の問題なのですから、「賢い患者」としての自分を啓蒙する努力を惜しんではなりません。現代に於いては代替医療や補完治療として様々な方法が提示されておりますが、私は最初に検討すべき分野は、「正攻法」としての「西洋医学の有効利用」をお勧めしたいと思っております。何事に於いても限界は付きものです。まして、「より専門性の高い医学の分野」において、溢れるばかりに存在する「治療の術」をふるいにかけて理解するのは無理だと思えるのですが、そこに「医師との有効なコミュニケーション」の採り方という選択肢が存在するのです。あなたはご自分を松下幸之助氏だと思えば良いのです。彼は納得が得られるまで質問を繰り返されたそうですが、あなたもそうすれば良いのです。医学界はバターナリズム(家父長権的温情主義)が横行しがちな世界なのですが、あなたの臨み方次第では、目からうろこの情報を入手することさえ可能となる「叡智」の世界なのですから、ご自分を常に律する気持ちで「賢い患者」を目指して欲しいと私は思っています。
様々な資料が作成してあります。あなたが本気で「賢い患者」を目指したいのであれば「必読の書」ではないかと自負しております。





■:「病気の不安そして恐怖」

ご存知のように「がん」は「命を失う恐怖」を強く感じさせる「重篤な病気」です。だが、「恐れおののくばかり」では手にする結果は決して良いものとはなりません。医師は事実を淡々とした調子で申し伝えてまいります。「あなたを助けるのは困難です」「すでに手遅れの段階に達しております」「効果は期待できません」・・・患者は瞬時にして「死の淵」に身柄を運ばれ、「存在を失う恐怖」と表裏一体の境地を余儀なくされてしまいます。「どうして自分が?」「こんな現実があっていいのか?」「助からない・・・死ぬ・・・」。このように、脳裏に巡る思いは「負の連鎖」から逃れることができないイメージに支配されるのです。
「苦しんで死ぬのだろうか・・・」「治療を受けても無駄であればどうすれば良いのだろうか」「何も手を下さないで命を失くす?」。あなたが思い浮かべるフレーズは、マイナーの域を超えないものとなるのですが、「死の恐怖」という観念は、それほどにインパクトの強い影響力があり、あなたを完膚なきまでに「奈落の底」に引き摺り落とすパワーがあるのです。でも、ここで「大切な命」を諦めるわけには参りません。落ち着いて思慮を深め、どうすれば命を守ることができるのかについて、全身全霊を傾けて模索しなければなりません。何時までも「恐怖」に全てを封じ込まれていては、本当に、「生還の可能性」はゼロとなってしまうからです。
「生還への道」はあなた自身が切り開かねばなりません。「恐怖に弄ばれている暇」はないのです。先ずは意志を強く持ち、「ぶれない軸」を早急に作ることからスタートです。「真意を確かめる」。解釈の仕方によっては、医師の宣告を否定することに繋がるのですが、自分の命を否定する前に踏むべきステップだと心得ることです。その手順はシンプルであるが故に勇気のいる決断が必要であり、また、自分をそのモードに演出するのは大切な要素となります。このように、患者として心得ておくべきことは複数にありますので、ご提案させていただく情報に即して学習してくださればと思っております。





■:「治療法だけに頼っていて良いのだろうか?」

「がん治療」には様々な道が開かれております。その多くは「西洋医学」に準じる方法が定番となっているのですが、私が体験した「入院治療」の教訓から申しますと、「医師と患者間のコミュニケーション」が、理想の形で成立している風にはとても思えない現実が支配しているように見えておりました。医師よりもむしろ患者の方が、近年まで大きく蔓延っていた、バターナリズムを遵守しているのではないかと感じられたのです。高度な医療技術を巧く利用できていない現実は、「助かる命」でさえも負のスパイラルに陥らせてしまう危険性が否めません。確かに、数多く存在する「代替医療の効果」を信じる方法も否定できないのですが、より多くの優秀な人材と費用を投じて研究と研鑽が重ねられた「西洋医学」を、簡単に排除する考え方には賛同の意を表することが困難だと思われてなりません。要は、「高度な医療技術の使い方と使われ方」を、如何に巧く創り上げて行くのかが鍵ではないのでしょうか。喧々諤々と論じるべきポイントは数多くあるのですが、患者が賢くなり、医師が患者の思いを理解する在り方に姿勢を正すことができれば、お互いの「提供すべき情報の量と質」が向上して、「最高の医療技術」が「治療法」に選ばれることで効果を導き出し、「希望」に包まれた「忍耐」の思いが患者に生まれ出ることで「自然治癒能力」がパワーアップされ、多くの奇跡を生み出せるかもしれないのです。闘将となった患者は、闘うための布陣に、より多くの、各分野が担える専門家を加えたほうが良いと思われます。そんなスタッフを味方に加えることができるチャンスは、西洋医学の世界に多く介在しているように、私には思われてなりませんでした。患者にとっての「選ばれる治療法」は、「結果」を左右する重大なイベントだと心得ておいた方が良いのです。あなたの「懸命な選択肢」を私は応援させていただきます。





■:「経験したからこそ伝えられること」

最大の「がん罹患」という難局を乗り切ったからこそ伝えられる言葉があります。それは「命は自分で守るという強い意志」を、早い段階で持った方が良いという教訓です。そして、近未来への「希望」を心に描き、不退転の決意を不動のものにすることが、実は最も大切なことなのです。揺るぎない強い思いは、マイナス要素となる「不快ストレス」を撥ね退けて「忍耐」を生み出します。医療の技術を信じることで、「寛解状態」を「獲得」するためには、こんな理解の仕方が重要なのです。自分には絶対にできると信じることが大きなパワーを生み出します。病気のインパクトに負けてクヨクヨしていたら何も生まれ出てはきません。「あなたの命を脅かす病気」に勝つためには闘うしかないのです。「何があっても目的を成就させる」。あなたに必要な心構えだと思います。「バランスの良い闘病生活」を送るための態勢を整えることは大切です。敵は「がん」だと言うことを強く意識してください。そして、「医療従事者や家族」、「あなたの生還を信じてくれる、あなたを必要としてくれる人たち」を強力な味方にするのです。「どうすれば効果の出る闘い方ができるのか」。大きなテーマとなるのですが、常に前向きの姿勢で臨んでください。
私は家族や医療従事者に、治療の辛苦に耐えかねて不平不満を漏らしたことはありませんでした。どんなに副作用が激しくとも、この難局を乗り切ることができれば、次のステップに進むことができると考えておりました。「肉を切らして骨を切る」という心境で闘ってきたと思っております。無論のこと、「我慢」の領域に入った場合は、その辛さを訴え、治療の一時中断を申し入れたことはありました。それでも、「不満」というレベルの言葉を使ったことはありません。自分の問題を他人の所為にするつもりが全くなかったからです。だからこそ不必要な、「心の動揺を招く細事」に見舞われることはありませんでした。それ故に、全身全霊で病気と闘うことができたのです。自己を啓蒙することで「闘い人」になれることを信じて、「命を懸けたがんとの闘い」に臨まれ、勝利を勝ち得られることを願っております。





■:「ケーススタディ」

幼い子どもが闘う姿は悲哀に満ちていると思われるでしょうが、成人した人たちよりも彼らの方が、「闘うこと」を巧く理解しているのではないかと思われました。「何故にそう思うのか」・・・実は私が経験した医療現場でこんな実際があったのです。
まだ4才という全てにおいて未成熟の子どもが、「顎がん」という病に侵され、20時間もの時を要する手術を受けたのですが、ただひたすらに両親の期待に応えるために頑張ったという話を聞き、大人が現実とできない強さを感じてなりませんでした。頬と脚と頭に包帯を巻いたその姿は、まさに「凛」とした姿そのものだったのです。手術をした部位が顎でしたので、傷が治癒するまでは物を口にできないとのことでしたが、その子はまさに「忍耐」を全身で表現しておりました。他の子どもたちが美味しそうにお菓子を頬張る姿を、指を咥えて羨ましそうに見ていたのですが、ご両親の言いつけをしっかりと守っている姿は感動的でした。手前勝手に解釈しがちな大人よりも彼らは賢いのではないのだろうか。その子の姿を目にしたとき、私はそんな風に思えてなりませんでした。しっかりとご両親の思いが届いていたからこそ、その子に邪心は何もなく、過酷な手術に耐えられたのではないかと推察できたからです。ステージ4に迫る重篤な状態だったそうですが、命を救えた証は、その子の顔色や身体の動き、そして食べ物への執着心が良く物語っておりました。私は子どもに大切なことを教えられた気がしたことを今でも忘れておりません。
邪心なく、素直に闘病に向かえる心の準備は大事な要素なのです。「この治療で本当に治るのだろうか?」「副作用に耐えられるだろうか?」「医師は何かを隠しているのではないのだろうか?」などと邪心で満ち溢れていれば、決して良い結果は巡ってこないのです。「純粋な思いで闘いに臨むこと」、とても大切な教訓だと思います。






■:「命とお金」

ご周知のように、対価を計る物差しとしてお金があります。では命を計る物差しとは?私たちはお金を手にすることで安易に価値を求めようといたします。高度に発展した物質文明の世界に生きているのですから、様々な便利品はお金を出せば簡単に手に入ります。でも、命をお金で買うことはできません。失くしてしまえば元に戻すことができない命は、お金でその価値を決めることができないからです。
それでも、「貴重な情報という価値」、そして「命を守るために習い覚えたい知恵」を得るためには、やはりお金が必要になってしまいます。「賢い患者」になるためには、どうしても目を通したいからとその価値を評価し、闘病の糧にしたいと考えるから生まれる概念なのですが、私どもが提案させていただく情報は、あなたの価値観を充分に満足させることができるのではないかと思っております。
私は闘病の経験値を、「貴重な時間とお金を費消」することで得てまいりました。闘病に臥すことを余儀なくされた、「エネルギーが溢れ出る青春時代」、「希望に満ち溢れた学生時代」、「健全な身体能力が必要とされる就職活動の時期」、「社会的な信頼関係に支えられるべき壮年時代」・・・時間を惜しむなどということは当然にしてできませんでしたし、医療費や生活を維持するためのお金は随分に掛かってしまいました。それは「命に代えられるものは何もない」と思っていたからこそできたことなのですが、お陰さまで、「賢い患者」になるための術を学習することができたのです。
そして私は「その価値を皆様に情報として提供したい」。「命を守るために必要な知恵だからそうしたい」と考えました。無論のこと、その情報を「価値ある糧」に仕上げるのはあなた自身なのですが、対価に見合う内容となっていることを、ひとことお口添えさせていただきたいと思っております。
「識らずに後悔するより識って得を得る」ためには、やはりそれなりの対価は必要となってまいります。お金を払うからこそ緊張感が増幅されて、その価値に見合う糧を得ようと考えるのが、現代社会に生を営む私たちですから、そういう意味からも、情報を得るためには惜しむことのできない費用だと考えられます。この情報の値段を高いと思われないあなたのプライオリティを信じております。





■:「買わない理由」「買う理由」??

買わない理由・・・「がん疾患が現実となっていない」「すでに信頼できる治療法を見つけている」「為すがままという達観の境地となっている」「情報の値段が高いと感じている」「西洋医学を完全に否定している」「他のアドバイザーが別に居て、その人の情報を優先している」「価値を認めることができない」「インターネット情報を初めから信用していない」。数多くの理由があると思われます。こんな風に判断する人は、門前にて拒否の姿勢を示し、ガイダンスに目を通すことすらも致さないと思われます。

「買う理由」・・・「病気を治す契機を得たい」「闘病生活が不安である」「医師の説明が巧く理解できない」「死という恐怖に抗うことができない」「何をして良いのか分からない」「伝え聞いている副作用がどの程度のものか不安である」「何としてでも助かりたい」「命の期限を付けられたが納得できない」「治療法が巧く理解できないので信用できない」「代替医療がいまいつ分からない」「どうしても生還を果たしたい」。インターネットをよく利用する人や、近親者や近しい間柄にそんな人が居て、患者が上記に示したような思いを持っていれば、いちどクリックしてみようと考えられるのではないでしょうか。そして、これまでにない論調に興味を覚え、賢い患者になるための道を目指したいと考え、購入するのではないかと思われます。





■:3月7日より、【奇跡の癌(がん)生還プロセス-私のやり方/経験者が語る疾患側からみた究極の対策】

余命3ヶ月生存確率0%、日本では症例の極めて少ない上咽頭がん【進行ステージ4/末期がん】
を完治した成功体験記録が初公開されております。ご存知でしょうか?

⇒ 奇跡の癌(がん)生還プロセス-私のやり方-

こちらの成功体験記録の特徴を一言で表しますと、

幼少・青年時より自家中毒・血気胸・肺結核と生死を彷徨う重篤な病に度々侵され、
度々克服した経験値により、余命3ヵ月生存確率0%と宣告された、末期がんを
さらに克服(完治)した、奇跡的な成功体験から得た教訓、著者自身が、
幾度の長い入院生活から得た普通の人では気が付けない鋭い着眼点と
「患者のプロ」という視点で語る、説得力の高い教えと大切なポイントが、
医師の立場からではなく、疾患側からみた究極の対策という視点で、
著者自身の思いがメッセージとして込められており、
「現在がん疾患で悩んでいる人に向けた」
がん克服を目指す成功体験記録が「ノウハウ」として初公開されております。

また、過去に著者が出版した、初作:がん闘病記「凛として生きる」の本の帯には
鳩山元総理大臣の署名による推薦状を頂いております。

今回の、【癌(がん)生還プロセス‐私のやり方ー経験者が語る疾患側からみた究極の対策】
は、成功体験から得た教訓やノウハウ、著者が「がん疾患者に」伝えたい大切な
ポイントが解りやすくメッセージとしてまとめられ、その内容は一新しておりますが、


幾度の重篤な病と長い入院生活を、度々乗り越えた普通の人では気が付けない鋭い着眼点
「患者のプロ」という位置付け語られる内容には強い説得力があります。

「実際に生死の境目を3度克服した経験したからこそ使えるフレーズが下記に示してあります」

☆「がん」という最強の敵から挑まれた闘いに勝利するためには?
☆高度に発展しつつある西洋医学を有効に利用するためには?
☆医療従事者や家族から持ち上げられて「裸の王様」にならないためには?(本当の病名を知らされない)
☆医療従事者や家族から疎んじられないためには?
☆目的意識を持った闘病生活を送るためには?
☆疎外感に悩まされる日々を送らないためには?
☆病気治療のプロを巧く利用するためには?
☆小さな変化でも見逃さないためには?
☆賢い患者になるためには?
☆自然治癒能力を最大限に引き出すためには?
☆患者として識っておくべき最低限のポイントは?
☆真の意味として、「医師と患者」間における、「意志の疎通」を成就させるためには?
☆副作用の辛苦に耐えるためには?
※その他、経験したからこそ話せること。強調できること盛り沢山)【A4サイズ版全287ページ】


⇒ 奇跡の癌(がん)生還プロセス-私のやり方-

癌(がん)でお悩みの方には、朗報となるに違いありません。
ご興味のある方は、是非お見逃しなく。




■:今までに無かった訴求ポイントで、「重度がん」で悩んでいる方へ向けた
経験者が語る、本気で自分の命を守りたい方に是非に読んでいただきたい
疾患側からみた究極の対策書籍となります。

幾度の重篤な病と長い入院生活を乗り越えた着眼点「患者のプロ」という位置付けで語られる
内容には強い説得力があります。

「実際に生死の境目を3度克服した経験したからこそ使えるフレーズが下記に示してあります」


☆「がん」という最強の敵から挑まれた闘いに勝利するためには?
☆高度に発展しつつある西洋医学を有効に利用するためには?
☆医療従事者や家族から持ち上げられて「裸の王様」にならないためには?(本当の病名を知らされない)
☆医療従事者や家族から疎んじられないためには?
☆目的意識を持った闘病生活を送るためには?
☆疎外感に悩まされる日々を送らないためには?
☆病気治療のプロを巧く利用するためには?
☆小さな変化でも見逃さないためには?
☆賢い患者になるためには?
☆自然治癒能力を最大限に引き出すためには?
☆患者として識っておくべき最低限のポイントは?
☆真の意味として、「医師と患者」間における、「意志の疎通」を成就させるためには?
☆副作用の辛苦に耐えるためには?
※その他、経験したからこそ話せること。強調できること盛り沢山)


【全287ページ】

セールスページには、著名人のビデオレターを用意しております。





■:こちらの書籍の特徴を一言で表しますと、

幼少・青年時より自家中毒・血気胸・肺結核と生死を彷徨う重篤な病に度々侵され、
度々克服した経験値により、突如、余命3ヵ月生存確率0%と宣告された、末期がんを
さらに克服(完治)した、奇跡的な体験から得た教訓、著者自身が、
幾度の長い入院生活から得た普通の人では気が付けない鋭い着眼点と「患者のプロ」という視点で語る、
説得力の高い教えと大切なポイントが、医師の立場からではなく、経験者が語る
疾患側からみた究極の対策という視点で、著者自身の思いがメッセージとして込められている、
「現在がんに疾患している人に向けた」がん克服を目指す「ノウハウ書籍」となっております。

また、過去に著者が出版した、初作:がん闘病記「凛として生きる」の本の帯には
鳩山元総理大臣の署名による推薦状を頂いております。




↓情報商材の最新情報はこちらをクリック
人気ブログランキング
FC2ブログランキング


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
このウィンドウは一度閉じると二度と表示しません。[閉じる]
元手0円で5,000円の副収入を得る方法
私が実際にたいして時間もかけずに、一切の投資なしで
ネットで5,000円を稼いだ方法をお伝えいたします。

もちろん、これを利用すれば1万円、2万円と更に稼ぐことは
それほど難しいことではありません。

この無料レポートでは、ネット初心者の方でもパソコンさえあれば、
ネットで5,000円稼ぐことができる方法を解説しています。
時間にして約1時間ほどいただければ、結構です。

有料の情報商材の内容を無料で提供していますので、
ご興味のある方は、この機会にご請求ください。

*『なべつぐメルマガ【ネット活用ガイド&テクニック】』
独自メールマガジンに自動登録されます。
お名前
メールアドレス
メールアドレス確認
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。